名古屋で外壁・屋根・内壁の塗装工事なら創業50年の児玉塗装

お気軽にお問合せください!

  • よこやま
    よこやま
  • はまだ
    はまだ
  • はまお
    はまお
  • こばやし
    こばやし
  • やました
    やました
  • つぼい
    つぼい

すぐにアドバイザーに繋がります

お電話

塗装に必要な塗布量の計算方法

山下 文佳

腕のいい職人が性能の高い塗料で施工をしても、塗布量を守らなければ塗料の性能を十分に発揮することが出来ないため、短期間で不具合が起こってしまう可能性があります。

このページでは、塗布量を守る重要性、塗布量の計算方法、塗布量の幅について紹介しています。

塗布量とは

塗布量とは、塗装を行う際にどのくらいの量を塗れば良いかを表した値で、塗料のカタログに記載されています。

塗布量を守ることで、適正な厚みの塗膜が形成され、塗料本来の性能を十分に発揮することができます。

適正な塗布量で施工を行わなかった場合、塗料の性能を十分に発揮することが出来ません。その為、塗膜が短期間で剥がれたり、キレイに形成されずに見栄えが悪くなる可能性があります。

塗布量から必要な塗料の量を計算する

使用量を出す計算方法

1㎡当たりの使用量が0.11kgで150㎡の外壁を塗装する場合、使用料(0.11kg)×塗装面積(150㎡)の計算で、16.5kgの塗料が必要です。

必要な缶の量を出す計算方法

1㎡当たりの使用量が0.11kg、容量が15kgの塗料で150㎡の外壁を塗装する場合、16.5kgの塗料が必要です。

必要な缶数は、必要な塗料(16.5kg)÷塗料の容量(15kg)の計算で1.1缶の塗料が必要となります。

なぜ塗布量には幅があるのか?

適正な塗膜の厚さを形成するためには、塗装面の素材や状況に応じて塗料の塗布量が変わります。

塗装面は素材によって表面の凸凹の有無や大きさ、数などが変わります。例えば、板金は表面の凹凸が無いですが、サイディングボードは、大きな凸凹が多数あります。

塗装面に凸凹がある場合は、凸凹がない塗装面と比べて塗料が絡むため、塗膜を適正な厚さにするためには、より多くの塗料を必要とします。また、塗装面が劣化している場合は、塗料が染み込みやすいので、多くの塗料を必要とします。

塗布量を守らない業者に注意!

塗布量に対して多く塗料を使用する業者は、知識がないため、塗料を多く使用した方が耐久性が長くなるといった間違った認識をしている可能性が高いです。

塗布量に対して少なく塗料を使用する業者は、塗料の仕入れ料金を安くして、利益を出そうと考えている可能性が高いです。

いづれの場合も塗料の性能を十分に発揮できないので、施工不良などに繋がる可能性があります。そのため、塗布量を守らない業者には注意が必要です。

まとめ

塗布量は、正しく守らなければ施工不良が発生する可能性があります。おおまかな塗料の使用料や必要な缶数は、簡単に計算することができるので、ご自身で把握することをオススメします。

但し、塗装面の素材や劣化状況によっても、適正な塗布量が変わるので、注意が必要です。

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

新着お問合せ状況

過去のお問い合わせ件数

今月
12
先月
123
激安プラン 大好評!無料 外壁塗装の勉強会

選ばれる理由

塗装の基礎知識

塗装業者の選び方

見積り、価格について

色(配色)選びについて

外壁・屋根塗装の工事期間と各作業内容

劣化症状について

塗料選びについて

   

外壁・屋根材について

保険と助成金について

会社概要

支店情報

ブログ

お客様の声満足度93.2%!
お客様の声

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話受付時間 9:30~19:00(木曜定休)

メールは365日24時間受付中です!

スタッフ