名古屋で外壁・屋根・内壁の塗装工事なら創業50年の児玉塗装

お気軽にお問合せください!

  • よこやま
    よこやま
  • はまだ
    はまだ
  • はまお
    はまお
  • こばやし
    こばやし
  • やました
    やました
  • つぼい
    つぼい

すぐにアドバイザーに繋がります

お電話

下塗り用塗料の種類と特徴

坪井 清彦

下塗り材は様々な種類があり、下地に合わせて選ぶ必要があります。下塗りが不適切な場合、どんなに良い塗料で塗装を行っても、高品質な塗膜を形成することはできません。

このページでは、下塗りの役割、下塗りによる不具合の例、下塗りの種類について紹介しています。

下塗りの役割

下塗りは、塗膜と下地の密着をよくする役割と下地の軽補修をする役割があります。

下塗りを行わないで施工をすると、塗膜の密着が悪くなり、剥がれや捲れ等の不具合が発生してしまいます。

また、劣化が酷い建物は、下地が塗料を大量に吸い込むため、十分に下塗りを行わなければ、十分な塗膜を形成できずにムラが出てしまいます。

下塗り用材の主な種類

シーラー

シーラーは、主にサイディングボードやカラーベストに適しており、溶剤のシーラーと水性シーラーの2種類があります。

さらに細かく分類すると、浸透型と造膜型があり、代表的な塗料は、エポパワーシーラーやマイルドシーラーEPOなどがあげられます。

プライマー

プライマーは、シーラーの別名で役割は同じです。代表的な塗料は、ハイポンファインプライマー(錆止め)、サーモテックプライマー、塩ビゾルウレタンプライマーなどがあげられます。

フィラー

フィラーは、主にALC・RC・モルタルなどに適しており、細かいクラック(ひび割れ)穴埋めをして補修する役割があります。

代表的な塗料は、ホワイトフィラー、水性ソフトサーフ、アンダーフィラーなどがあげられます。

微弾性フィラー

微弾性フィラーは、塗膜が柔らかく伸びる性質があるので、細かいクラックに塗膜が追従して、割れを防ぐことが出来ます。

但し、クラックが大きい場合は、微弾性フィラーでは埋まらないため、シーリングやモルタルで補修する必要があります。

代表的な塗料は、パーフェクトフィラーなどがあげられます。

バインダー

バインダーは、タイルやリシンなど、塗料の吸い込みが少ない下地に使用されます。代表的な塗料は、
無機エクセレントUVバインダーなどがあげられます。

サーフェイサー

サーフェイサーは、シーラーを施工した後に散布する塗料で、上塗り材の吸い込みを抑える役割があるので、塗膜の密着と耐久性が良くなります。

但し、施工が雑だと、塗膜の剥離やクラックが発生します。
代表的な塗料は、ファインシリコンベストサーフェイサーなどがあげられます。

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

新着お問合せ状況

過去のお問い合わせ件数

今月
13
先月
123
激安プラン 大好評!無料 外壁塗装の勉強会

選ばれる理由

塗装の基礎知識

塗装業者の選び方

見積り、価格について

色(配色)選びについて

外壁・屋根塗装の工事期間と各作業内容

劣化症状について

塗料選びについて

   

外壁・屋根材について

保険と助成金について

会社概要

支店情報

ブログ

お客様の声満足度93.2%!
お客様の声

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話受付時間 9:30~19:00(木曜定休)

メールは365日24時間受付中です!

スタッフ