名古屋で外壁・屋根・内壁の塗装工事なら創業50年の児玉塗装

お気軽にお問合せください!

  • よこやまよこやま
  • はまだはまだ
  • はまおはまお
  • やましたやました
  • ふじよしふじよし

すぐにアドバイザーに繋がります

お電話

ウレタン塗料の特徴と単価

皆さんが塗替え工事において塗料を調べられると、必ずと言っていいほどウレタン・シリコン・フッ素塗料の順番でランク付けされているものを目にするのではないでしょうか。

このページはそんなウレタン塗料とはどんなものなのかについてご紹介いたします。

ウレタン塗料はどんな塗料なのか?

ウレタン塗料とは、アクリル塗料よりかは耐久性が高くコストも削減できます。

水性・油性共にあります。水性は清水で希釈し、油性はシンナーで希釈します。油性の2液の場合ですと硬化剤を使用します。

従来の塗料は油性の方が良いといわれておりましたが、現在は水性塗料の方が需要があります。人体への害も油性に比べて水性の方が安心して使用できるからです。

メリット

・コスト削減
・一時的なメンテナンスに最適
・各メーカーから商品として出ている為、種類が豊富

デメリット

・高耐久塗料が出てきている中、耐久性が低いグレードになった
・色褪せ・ツヤの引けがほかの塗料と比べて早い
・塗料の性質上汚れに弱い

ウレタン塗料の施工単価(m2)はいくらくらいか?

1,200~1,500円/m²です。ただし、弊社ではオススメできないため、戸建ての外壁屋根には使用しません。

弊社でウレタン塗料を選ばれるお客様の割合

過去1年間に塗装した中で、グレード別の割合は、アクリル0%(ピュアアクリル:25%)、ウレタン0%、シリコン25%、ラジカル制御5%、フッ素3%、光触媒0%、無機塗料7%、無機ハイブリット系塗料35%です。

代表的なウレタン塗料

1液ファインウレタン(日本ペイント)

水性ファインウレタン(日本ペイント)

クリーンマイルドウレタン(エスケー化研)

1液NADウレタン(エスケー化研)

1液マイルドウレタン(エスケー化研)

ウレタン塗料に関するよくある質問

Q1.ウレタン塗料は、水分と相性が悪く湿度が高いときに塗布すると塗膜性能が落ちると聞いたのですが、本当でしょうか?

間違ってはいません。湿度85%以上は不向きです。雨天後直後の塗装は不向きと考えられます。

Q2.ウレタン塗料は、配合成分に強い毒性があると聞いたのですが、本当でしょうか?

本当です。ウレタンに限らず溶剤(油性)塗料にはVOC(揮発性有機化合物)が含まれております。水性塗料は比較的健康を害する成分は少ないです。

Q3.ウレタン塗料専用のシンナーを使用しなければいけないと聞いたのですが、本当でしょうか?

塗料用シンナーで構いません。共通して使用できます。

Q4.ウレタン塗料は、柔らかく扱いやすい、硬化した塗膜もヒビ割れしにくいと聞いたのですが、本当でしょうか?

シンナーや硬化剤を配合して使用するため一概に柔らかく扱いやすいとは言えませんが、溶剤(油性)塗料は塗膜が固い為、水性塗料と比べるとひび割れを起こしやすいです。
※施工部位にもよります。

まとめ

近年では化学が進み、低価格で高耐久の塗料が出てきたことによって、ウレタン塗料は戸建て住宅ではほとんど重要がない塗料です。

今では、工場などの劣化の激しい環境での定期メンテナンス等で、低価格で油性塗料が求められる条件での施工以外では弊社も取り扱っておりません。

戸建ての塗装であれば、シリコン以上のグレードをオススメします。

その他の「塗料選びについて」に関するコンテンツ

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

新着お問合せ状況

過去のお問い合わせ件数

今月
71
先月
162
激安プラン 大好評!無料 外壁塗装の勉強会

選ばれる理由

塗装の基礎知識

塗装業者の選び方

見積り、価格について

色(配色)選びについて

外壁・屋根塗装の工事期間と各作業内容

劣化症状について

塗料選びについて

   

外壁・屋根材について

保険と助成金について

会社概要

支店情報

ブログ

お客様の声満足度93.2%!
お客様の声

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話受付時間 9:30~19:00(木曜定休)

メールは365日24時間受付中です!

スタッフ