名古屋で外壁・屋根・内壁の塗装工事なら創業50年の児玉塗装

お気軽にお問合せください!

  • よこやま
    よこやま
  • はまお
    はまお
  • こばやし
    こばやし
  • ふじよし
    ふじよし
  • やました
    やました

すぐにアドバイザーに繋がります

お電話

塗装を行うことの効果・塗料の役割について

中村 大勝

新築で買った家も年月が経つにつれて、だんだん汚れが目立つようになります。建物の劣化はどうすることもできませんが、やっぱりいつまでもキレイな外観を保ちたいものですよね。

外壁をキレイに保つためには、湿気やカビ、紫外線などを効果的に遮断することが重要になります。皆さんはそうした外的環境に負けない効果の高い塗料を選べているのでしょうか?

塗料に求める効果についてアンケートを取りました。アンケート結果をプロの目線で解説していきます。

アンケート内容と結果

質問 外壁塗装の塗料にもっとも期待する機能(効果)は?
回答割合 水・湿気に強い塗料:48人
カビ・コケに強い塗料:26人
暑さに強い塗料:17人
紫外線に強い塗料:9人
有効回答数 調査地域:全国100サンプル
調査対象:年齢不問・男女
結果と考察 日本は特に梅雨時期に雨が多いので、水の影響を気にする人が多かったようです。湿気が多いと腐ったり、カビが生えたり、挙げ句の果てには劣化した箇所から雨漏り、水漏れがする……なんてことにもなりかねません。そんな不安が塗料によって解消されるのであれば、それに越したことはないですよね。雨風による見た目の悪化も見逃せないポイントでしょう。

2番目に多かったのが「カビ・コケに強い塗料」で26%でした。カビやコケはなんといっても見た目を悪くさせます。取り除くにも大変な労力が必要であり、手間を省くためや見た目を維持するためにも、カビやコケに強い塗料は魅力的なようです。

また、少数派ながら暑さに強い塗料も一定の票を集めました。暑さに強いことでエアコンの使用量が減り、結果としてエコで節約にもなりますし、紫外線に強ければ外壁が長持ちしますよね。

現場のプロが「塗装を行うことの効果・塗料の役割について」を解説!

外壁塗装で得られる効果と役割

ご存知のように一軒の家を建てる際にはいろいろな素材が使われています。基礎部分のコンクリートや鉄骨、壁に使われるモルタルなどの建材、屋根にはスレートや瓦。そのほか金属やタイルなど、好みやデザインに合わせて特殊なものを取り入れることもあります。それらすべての素材の機能を最大限にいかし、寿命を延ばすために欠かせないのが塗装です。

塗料で表面に膜を作ることで、以下のような利点を得ることができます。

・家を保護する
・家の美観を保つ
・特別な機能を加える

つまり建物の場合、外壁塗装なくして建物をいい状態で維持することは難しいと言えるでしょう。

塗料にはこんなにいろいろな機能がある

最近はさらに機能が進化した塗料が各種発売されており、何を優先するかによって選ぶ塗料も違ってくるはずです。アンケート結果からオススメの機能をご紹介しますので、自分でもある程度知識を蓄えたうえで、最適なものを選択してください。

光触媒塗料、自己洗浄型塗料

屋根や外壁は毎日、雨や風、紫外線などの厳しい外的環境にさらされているので、どんなにケアを心がけていても、劣化が進んでしまうものです。そのため、とくに美観に気を配りたいとお考えの方には、光に反応して汚れを分解する「光触媒塗料」や雨水で落とす「自己洗浄型塗料」があります。

家全体を丸洗いすることはできませんが、こうした塗料の特性を利用すれば美観の維持も可能で、気になる雨とホコリが混じった筋状の汚れも付着しにくくなります。

TOTOの「ハイドロテクトコート」に代表される光触媒の塗料は、雨や風などの自然のエネルギーを利用して、セルフクリーニングをしてくれる点が特徴です。もちろん、定期的なメンテナンスは必要になりますが、洗浄機能があるなしでは美観の持ちの度合いが大きく異なります。ただし、光触媒はトラブルも多く、ハイドロテクトコートは販売が中止になりました。

防カビ・抗菌塗料

屋根ならカビや藻の発生を抑制する「防カビ・抗菌塗料」もあります。

ネガティブな印象を与える「カビ」については、浴室の外壁や北側の外壁、風通しが悪いところに発生しやすい傾向にあります。また、気温25度以上で湿度が80%以上の高温多湿の状況は、非常にかびが生えやすいので、住環境がカビの生えやすい場合は、防カビ・抗菌機能のある塗料をオススメします。

遮熱塗料、断熱塗料

遮熱塗料は熱を反射して遮断する塗料で、断熱塗料は熱を建物内部に伝わりにくくする塗料になります。さらに、遮熱塗料は赤外線を跳ね返すため、日光による建物の劣化防止も期待できます。

遮熱・断熱塗料によって、夏場の室内温度が2~3℃低下すると言われているため、毎年真夏の最高気温が35度を超す現代の日本において、その効果を見逃すことができません。

耐候性塗料

建物は常に外気の影響を受けているため、年数が経つと様々な劣化が見られるようになります。耐候性塗料は、その紫外線や雨水などから建物を守る機能がある塗料で、変色やチョーキングの発生を抑える効果があり、長期的に美観を保つことができます。

弾性塗料

弾性塗料とは、その名の通り伸びる機能を持っている塗料で、特にひび割れが起こりやすいモルタル外壁によく使用されています。

建物は、車の振動や強風、地震などによって日頃から動いており、それが原因でひび割れが発生してしまいます。弾性塗料はその動きに合わせて伸び縮みするため、ひび割れが起こりにくくなり、さらにひび割れから雨水が浸入するリスクも減るので、防水性も高まります。

注意点として、モルタル外壁には有効ですが、サイディングには使用しないのが一般的です。サイディングは熱がこもりやすく、その熱によって弾性塗料が膨れてしまう可能性があります。

汚れが気になる場合にできる3つのケア方法

皆さんのご自宅はかび・藻を発生していたり、汚れをそのまま放置していたりしませんか?塗料に気をつかっていても、汚れは少なからず発生してしまうものです。その際に自分だけでもできるセルフケアの方法もご紹介します。

その1:ホースで水をかけて洗浄する

汚れがひどい箇所に関しては軽く水洗いをしましょう。高所になり、多少の危険はともないますが、できれば屋根などに登って家全体を洗い流せるとベストです。ただ、安全の確保が最優先になることは肝に銘じましょう。

その2:家庭用高圧洗浄機を使用する

業者用の強力な洗浄機までは機能がおよばないものの、家庭用の高圧洗浄機を利用することで、初期段階の汚れはほとんど落とすことができます。ただ、高圧洗浄機も汚れが密着した後では取りにくくなるので、汚れが付着したらなるべく早めに洗浄しましょう。

その3:専用の薬剤を使用する

高圧洗浄でも落ちない汚れは、専用の薬剤をかけて落とすようにしましょう。サビならサビ落とし、藻なら藻落とし、かびならかび落としなど、専用の薬剤によって簡単に汚れを落とせます。ただ、薬剤は人にかかると危険なため、十分な注意が必要です。

アンケートに答えてくださった方の声 一覧

水・湿気に強い塗料を希望する方

◆日本は湿気が多い国だし、雨や雪も多いので水や湿気に強い塗料がいいです(30代/女性/専業主婦)

◆雨漏りがすると困るし、カビやシミの原因になるので水や湿気には強い方がいいです(30代/女性/専業主婦)

◆外壁塗装の塗料にもっとも期待する効果は水や湿気への強さです。水や湿気に弱いと外壁へのダメージが大きくなってしまうと思うからです(30代/男性/会社員)

◆雨風に強いのがいいです。腐ったりしたら見た目も悪くなってみっともないと思います(40代/女性/専業主婦)

その他の効果を希望する方

◆近所にうちより後に建ったにもかかわらず外壁がコケだらけの家が何軒かあり、新築なのに古く見えます(30代/女性/自由業・フリーランス)

◆雨風にさらされるので、汚れやカビはどうしても目立ってきます。実家も塗り替えました。できるなら塗り替えをしなくてもよい外壁にしたいですね(30代/女性/その他専門職)

◆エアコンなど空調機器の電力消費を抑制するための一つの方法として考えられるのは日差しによる熱の遮断だと考えています(30代/男性/自営業(個人事業主)

◆日本では年々夏の気温が上がっているので、暑さ対策ができる塗料が望ましいです(20代/男性/パートアルバイト)

◆紫外線は毎日じわりじわりと外壁を傷めていると思うので、紫外線に強い塗料に期待します(50代/男性/会社員)

新着お問合せ状況

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

選ばれる理由

塗装の基礎知識

塗装業者の選び方

見積り、価格について

色(配色)選びについて

外壁・屋根塗装の工事期間と各作業内容

劣化症状について

塗料選びについて

   

外壁・屋根材について

保険と助成金について

会社概要

支店情報

ブログ

お客様の声満足度93.2%!
お客様の声

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話受付時間 9:30~19:00(木曜定休)

メールは365日24時間受付中です!

スタッフ