名古屋で外壁・屋根・内壁の塗装工事なら創業50年の児玉塗装

お気軽にお問合せください!

  • よこやま
    よこやま
  • はまだ
    はまだ
  • はまお
    はまお
  • こばやし
    こばやし
  • やました
    やました
  • ふじよし
    ふじよし

すぐにアドバイザーに繋がります

お電話

サイディングの多彩(模様)仕上げ工法の特徴と塗装料金

建物のメンテナンスとして一般的な塗装工事は、様々な塗料や施工方法が存在します。

このページでは、多彩(模様)仕上げ工法の特徴、メリットとデメリット、施工方法、よく使われる塗料と費用相場を紹介しています。

サイディングの多彩(模様)仕上げ工法とは ~メリット・デメリット~

多彩模様仕上げ工法は、多彩模様塗料を用いて塗装を行う工法で、吹き付けで仕上げるタイプや短毛ローラーで2色仕上げ、もしくは、3色仕上げるタイプがあります。

1度の塗装によって、オシャレな色散らし模様を作る事が出来る特徴があり、3色・4色仕上げ等の多彩模様仕上げは、タイル調を残したい場合にオススメです。但し、機能性がなくデザイン重視の工法なので、機能性を求められるお客様には不向きな工法です。

ほとんどのサイディングに施工が可能ですが、直貼りサイディングの建物には不向きなので注意が必要です。また、サイディングの柄によっては、多彩模様仕上げが映えない仕上がりになる事があります。

メリット

■高級感があり意匠性に優れている
多彩模様仕上げは、石目調のトップコートを塗布して仕上げるので、高級感がある仕上がりになり、意匠性に優れています。

■耐久性が高い塗料がある
各塗料によって耐久性は異なりますが、従来の塗料よりも耐久性が高い塗料もあります。

デメリット

■技術力によって仕上がりが左右される
技術力が低い職人が施工を行うと、ムラができるなど、出来栄えが悪くなる可能性があります。特に、吹き付けは、均等に塗料を付着させなければ、綺麗な発色が出ずにムラになります。

■立地条件によって吹き付けが出来ない
立地条件によっては、養生をしても塗料が飛散する可能性があるので、吹き付けが出来ない場合があります。

施工方法

塗料チップを使用して吹き付けで施工する場合は、専用の下塗りを行い、1色の中塗りを施工します。

上塗りは、塗料の中にはチップが含まれているので、エアレスガンでは塗装できません。そのため、コンプレッサーの圧を利用するカップガンという機材を使用して、塗料チップとクリヤーを混ぜた物を吹き付けます。

2色や3色の多彩模様仕上げは、塗りつぶした後にパターン用の専用ローラーを使用し施工します。

よく使われる塗料と費用相場

よく使われる塗料

・グラナートSP(アステック)
・水性ペリアートUV(ニッポンペイント)
・ゾラコート(関西ペイント)
・WBアートSi F(スズカファイン)

費用相場

施工単価は、1平米あたり1,600~2,500円程度です。

建物や立地条件で異なりますが、多彩模様仕上げの相場は、単色仕上げよりも手間がかかるため高額になってしまいます。

まとめ

多彩模様仕上げ工法は、オシャレな色散らし模様を作る事が出来るので、デザイン性を重視する場合にオススメです。

但し、建物の大きさや塗料によって、職人の手間や塗料代が異なるので、塗りつぶしと比べるとコストがかかってしまう場合があります。また、吹き付けができる環境なのかも大切です。

その他の「外壁・屋根材について」に関するコンテンツ

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

新着お問合せ状況

過去のお問い合わせ件数

今月
11
先月
132
激安プラン 大好評!無料 外壁塗装の勉強会

選ばれる理由

塗装の基礎知識

塗装業者の選び方

見積り、価格について

色(配色)選びについて

外壁・屋根塗装の工事期間と各作業内容

劣化症状について

塗料選びについて

   

外壁・屋根材について

保険と助成金について

会社概要

支店情報

ブログ

お客様の声満足度93.2%!
お客様の声

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話受付時間 9:30~19:00(木曜定休)

メールは365日24時間受付中です!

スタッフ