名古屋で外壁・屋根・内壁の塗装工事なら創業50年の児玉塗装

お気軽にお問合せください!

  • よこやまよこやま
  • はまだはまだ
  • はまおはまお
  • ふくしまふくしま
  • やましたやました
  • ふじよしふじよし

すぐにアドバイザーに繋がります

お電話

ALCパネルの特徴と塗装料金

島津 奨

ご自身が住まわれているお家の外壁が何の素材かご存知ですか?外壁は、サイディングボードやモルタル、ALC、コンクリートや板金等多くの種類があり、性能や機能、見た目が異なります。

このページでは、ALCパネルの特徴や塗装料金についてご紹介していきたいと思います。

ALCパネルの特徴

ALCは、軽量で気泡が入っているコンクリートを指します。

外壁材でのシェアは3%

外壁材でのシェア率は3%です。シェア率一位は、窯業系サイディングボーで70~80%占めております

他の外壁素材に比べて厚い

ALCは他の外壁素材に比べて厚みがあります。厚さには2種類あり、75ミリメートル以上の厚型パネルと50ミリメートル以下の薄型パネルが存在します。

一般的には、薄型パネルは木造住宅や鉄骨造に使用されており、厚型パネルは鉄筋コンクリートやビルなどに使用されています。

目地にシール材を充填して雨水を防ぐ

ALCは、外壁の内側に雨水を防ぐシートが無いことから、雨水が外壁の内部に侵入しないように目地部分にシール材を充填してあります。

目地の幅は、600ミリメートル間隔となっているのが標準です。

意匠性に優れている

ALCは、意匠性に優れているものが存在します。

例えば、レンガ調にみえるようなものや、タイル調に見えるようなもの、細かなラインがあるものなど、数多くの種類がある為、意匠性が無く平らに見える外壁が嫌な方にオススメです。

ALCパネルとサイディングの違い

ALCはサイディングより重厚感があります。また、耐久年数が長く、断熱性能や遮音性、耐震性に優れている特徴がありますが、価格が高くなります。

ALCパネルのメリット

耐久性が高い

ALCは、耐久性が高い外壁材です。但し、定期的に塗り替え工事が必要です。

耐震性に優れている

ALCは、内部に気泡がたくさんるので軽量です。そのため、ALCを採用している建物は、重量が軽く、地震が起きても揺れが少ないので、耐震性に優れております。重量がある建物は、地震が起こった際に揺れに弱く負荷がかかります。

耐火性に優れている

主原料であるコンクリートは、燃えにくい特徴があります。また、内部の気泡(多孔質)が層になっているので、熱の伝わりを抑えてくれます。そのため、家事が起きても煙が出ず、耐火性に優れております。

断熱性能に優れている

多孔質が表面にあることで、屋外の温度の影響を受けにくいので、断熱性能に優れています。そのため、夏は涼しく過ごし、冬は暖かく過ごすことができます。

遮音性に優れている

ALCは、音を反射する性質と内部の細かな気泡(多孔質)がを吸収してくれるので、遮音性能に優れています。

ALCパネルのデメリット

価格が高い

サイディングボードやモルタルといった外壁材に比べると、価格が高いです。

防水性が低い

水を吸水しやすい材質のため、塗装で防水性を補う必要があります。そのため、定期的なメンテナンスが必須です。また、目地シールが多く、劣化してヒビが入ると一気に防水性が低下します。

曲線のデザインはできない

直線的な形状なので、R形状などの自由なデザインはできません。

ALCパネルの劣化症状

破損

紫外線による熱収縮や膨張、外部からの損傷によって破損や爆裂が発生します。

ヒビ割れ

経年劣化により、目地シールが硬化すると揺れに追従できなくなってヒビ割れが発生します。ヒビ割れをそのまま放置しておくと、雨水が侵入して雨漏りに繋がります。

タイルの浮き・剥落

施工時にタイル裏面のモルタルが不足していると、タイルの浮きや剥落が発生します。

塗膜剥離・劣化

雨水の侵入や内部の湿気、下塗りの施工不良によって、下地と塗膜が密着不良を起こし、塗膜剥離が発生します。

シーリングの劣化

シーリングは、紫外線によって劣化します。ヒビ割れが発生すると一気防水機能が低下し、雨漏りの危険性が高まります。

変色や退色

表面の塗膜が紫外線により破壊されると、塗料の成分が白い粉となって変色、退色していきます。塗膜の保護機能がなくなってしまっている証拠なので、注意が必要です。

カビやコケの発生

日当たりが悪い場所や湿気が多い場所、表面がざらざらしている外壁に発生しやすいです。

ALCパネルの塗装料金

30坪戸建ての塗装費用は、80万~200万円程度が相場です。
※2階建ての場合の塗装面積150~180㎡の概算金額で、使用する塗料によっても異なります。
 
シリコンで塗装した場合の項目別の単価は、下塗りが500~600円/㎡、上塗りが1200~1700円/㎡。
シーリング補修の打ち増しが650円/m、打ち替えが700円/m程度が相場です。

ALCパネルにオススメの塗料

ALCは、塗料を吸い込みやすい為、微弾性フィラーやホワイトフィラーといったドロッとした下塗り塗料で、しっかりと吸い込みを抑えてから塗装を施していきます。

上塗りは、ファイン4Fフッ素やシリコンフレックスⅡ、EC-5000PCM-IRがオススメです。

弾性系塗料は不向き?

ALCは、防水性が低いというデメリットがある為、固い塗料より弾性系塗料の方が望ましいです。

固い塗料は、追従する力がない為、外壁にヒビ割れが起こってしまった時に塗膜も同時にヒビ割れます。ヒビ割れは、防水性能が一気に低下してしまう為、少しでも追従力がある弾性系塗料をオススメします。

まとめ

ALCのメリットは、軽量なので地震に強い、材質的に燃えにくい、断熱性が高い点で、デメリットは、防水性が低い、価格が高い点があげられます。

防水性が低いため、定期的なメンテナンスが必要ですが、ALCは耐久性が高いのでオススメです。

外壁塗装をお考えの際は外壁の素材にあった塗料を塗装するのが重要になるので、外壁塗装のプロに診断をお任せください。

その他の「外壁・屋根材について」に関するコンテンツ

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

新着お問合せ状況

過去のお問い合わせ件数

今月
101
先月
175
激安プラン 大好評!無料 外壁塗装の勉強会

選ばれる理由

塗装の基礎知識

塗装業者の選び方

見積り、価格について

色(配色)選びについて

外壁・屋根塗装の工事期間と各作業内容

劣化症状について

塗料選びについて

   

外壁・屋根材について

保険と助成金について

会社概要

支店情報

ブログ

お客様の声満足度93.2%!
お客様の声

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話受付時間 9:30~19:00(木曜定休)

メールは365日24時間受付中です!

スタッフ