名古屋で外壁・屋根・内壁の塗装工事なら創業50年の児玉塗装

お気軽にお問合せください!

  • よこやまよこやま
  • はまだはまだ
  • はまおはまお
  • ふくしまふくしま
  • やましたやました
  • ふじよしふじよし

すぐにアドバイザーに繋がります

お電話

アスファルトシングルをメンテナンス(塗装、カバー、葺き替え)の費用相場

生路 達也

住宅のメンテナンスには適切な方法の選択と時期の見極めが重要です。適切なメンテナンスを行う事で建物が健康な状態を長く維持していくことが出来ます。

このページでは、アスファルトシングルの耐久年数や劣化症状、メンテナンス方法と費用相場について紹介しています。

アスファルトシングルとは?

アスファルトシングルは、アスファルトをガラス繊維の基材に浸してコーティングし、砂粒で表面を着色した屋根の仕上げ材です。

北米で100年以上前に開発され、カナダやアメリカでは一般的に普及しています。

アスファルトシングルの耐久年数は10~20年で、瓦やカラーベストより短いと考えられていました。しかし、近年は改良が進み、、20年~30年程度の耐久性は見込めると言われています。

どんな屋根材であろうと定期的なメンテナンスは必要で、アスファルトシングルも10年に1度は点検とメンテナンスを行う事が必要です。

アスファルトシングルの劣化症状

塗膜の剥がれ、膨れ

湿気や水分が内部に侵入することによって、塗膜の浮きや剥がれが発生します。原因は、経年劣化や施工不良等が考えられますが、周辺環境によって左右される部分もあるので、特定するには、専門家の診断が必要になります。

塗膜の浮きや剥がれは、撥水性が失われている状態なので、コケなどが発生します。また、躯体の剥がれ、捲れに繋がる可能性があるので、注意が必要です。

変色と退色

変色と退色は、表面の塗装が劣化して撥水性能を失っている状態です。

一般的には、経年劣化で起こる事がほとんどで、施工から10年前後経過したアスファルトシングルによく見られます。そのまま放置するとコケの発生や躯体の剥がれ、捲れに繋がる可能性があるので、注意が必要です。

チョーキング

チョーキングは、表面が白っぽくなり触れた部分に顔料が付く現象です。経年劣化で発生し、施工から10年前後経過したアスファルトシングルに見られます。

そのまま放置するとコケの発生や躯体の剥がれ、捲れに繋がる可能性があるので、注意が必要です。

コケや藻、カビの発生

コケや藻、カビが発生すると、表面が緑や黒っぽく変色します。北側の屋根や湿気のこもりやすい部分、通気の悪い場所や日陰になりやすい面に発生しやすい劣化現象です。

高圧洗浄で除去できますが、再発を防止するには、塗装や葺き替えの必要が出てきます。そのまま放置すると躯体を痛める可能性があるので注意が必要です。

剥がれや浮き

アスファルトシングルは、専用のセメント系接着剤や釘、タッカーで止められています。屋根材自体が薄い為、接着材の塗布が不十分だったり、釘やタッカーの圧着作業が不十分だった場合に剥がれや浮きが発生します。また、施工時の不具合もありますが、台風や強風により部分的な剥がれや浮きが発生する事もあります。

剥がれた状態で放置してしまうと、屋根が十分な防水性能を発揮できない為、躯体の腐食や、雨漏れに繋がります。

メンテナンス方法と費用相場

塗装

色あせや、コケ、カビなどの軽度の劣化は、塗装工事でメンテナンスを行います。

高圧洗浄で汚れやチョーキングを洗い流した後に水性塗料で塗装を行い、一般的に溶剤系(油性)の塗料は使用しません。溶剤で塗装してしまうと、屋根材のアスファルトが溶けてしまい反り返るといった不具合が起こります。そのため、塗装工事の際には水性塗料で専用下塗り材を使用するかの確認を行う事が大切です。

施工単価は他の工法より安く、1平米あたり2,000~3,000円/㎡程度です。

カバー工法

カバー工法は、既存の屋根に新たな屋根を被せる工法で、既存の屋根材の捲れや剥がれ、躯体の欠損など、塗装ではメンテナンスが難しい際に行います。

塗装工事に比べると費用は高額ですが、屋根からの雨漏れや構造的な欠陥を修繕する事が出来ます。施工単価は屋根形状によって大きく変わりますが、1平米あたり8,000~15,000円程度です。

葺き替え

葺き替えは、既存の屋根を撤去し、新たな屋根を葺き直す工法です。雨漏れなどが原因で、既存の梁や木部が劣化していて下地の修繕が必要な際に選定されます。

地補修や廃材が発生するため、カバー工法よりも割高になってしまいます。劣化状況によって予算が大きく変わるため、本当に必要な工事かを複数の専門業者に判断してもらうと良いでしょう。

まとめ

アスファルトシングルは10年に1度は点検を行い、カバー工法や葺き替えが必要になる前に、塗装でのメンテナンスを行う事が重要です。

まずは、点検や診断を依頼さうることが、家を守る第一歩になります。

その他の「外壁・屋根材について」に関するコンテンツ

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

新着お問合せ状況

過去のお問い合わせ件数

今月
101
先月
175
激安プラン 大好評!無料 外壁塗装の勉強会

選ばれる理由

塗装の基礎知識

塗装業者の選び方

見積り、価格について

色(配色)選びについて

外壁・屋根塗装の工事期間と各作業内容

劣化症状について

塗料選びについて

   

外壁・屋根材について

保険と助成金について

会社概要

支店情報

ブログ

お客様の声満足度93.2%!
お客様の声

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話受付時間 9:30~19:00(木曜定休)

メールは365日24時間受付中です!

スタッフ