名古屋で外壁・屋根・内壁の塗装工事なら創業50年の児玉塗装

お気軽にお問合せください!

  • よこやま
    よこやま
  • はまだ
    はまだ
  • はまお
    はまお
  • こばやし
    こばやし
  • やました
    やました
  • ふじよし
    ふじよし

すぐにアドバイザーに繋がります

お電話

日本瓦の屋根は塗装が必要なのか?

山下 文佳

日本瓦は、耐久性が高く、塗装を施す必要はありませんが、漆喰の劣化や割れ、ズレが発生している場合は、メンテナンスが必要です。

このページでは、日本瓦の劣化状態とメンテナンスが必要なのかどうか、メンテナンス方法を紹介しています。

日本瓦について

日本瓦は、練り上げた粘土を形成し乾燥させて焼き上げて作られます。耐久性が非常に高く、自然災害などでの破損がなければ、100年以上使用することができます。

形状は、和型、平型、スパッシュ型に分類され、表面の仕上げによって、表面に薬を塗る「釉薬瓦」や全く薬を塗らない「いぶし瓦」に分類されます。

日本瓦の劣化症状

割れ

割れは、地震や飛来物による衝突などの衝撃が原因です。割れを放置していると、水が侵入して、雨漏りへ繋がる可能性があります。

ズレ

ズレは、地震などの衝撃によって発生します。元の位置から外れて、安定感がなくグラついた状態で、放置していると、落下して瓦の破損に繋がる場合があります。

変色

変色は、日光の当たる箇所で発生する可能性があります。但し、瓦は、耐熱性に優れている為、変色が起きたからといって、メンテナンスは必要ありません。

コケや藻の発生

コケや藻は、水はけが悪い箇所や日陰になる時間が長い箇所で発生しやすいです。但し、瓦は、防水性に優れているので、メンテナンスは必要ありません。

日本瓦は塗装が必要か?

日本瓦は、塗装の必要がありません。他の屋根材に比べて耐久年数が長く、耐火性や防水性に優れているので、塗膜で保護する必要がないためです。

塗装を行ったとしても、塗料が密着しないので、すぐに剥離してしまう可能性が非常に高いです。

日本瓦のメンテナンス方法

日本瓦の周りに施工している「漆喰」は定期的にメンテナンスをしないといけません。漆喰は、紫外線や雨風によって劣化して欠損します。漆喰が欠損すると、雨漏りや瓦の剥落に繋がってしまいます。

また、日本瓦の割れ欠損があった場合は、瓦の貼り替えや葺き替えを行います。

まとめ

日本瓦は、耐久性や耐火性、防水性に優れた屋根材で、塗装を行う必要ありません。

但し、地震の衝撃や飛来物による直接的なダメージで、瓦自体にひび割れやズレが生じた場合は、落下の危険性や雨漏り発生する可能性があるので、メンテナンスが必要です。日本瓦の建物にお住いの方は、瓦のひび割れや破損の確認を行うことをオススメいたします。

その他の「外壁・屋根材について」に関するコンテンツ

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

新着お問合せ状況

過去のお問い合わせ件数

今月
11
先月
132
激安プラン 大好評!無料 外壁塗装の勉強会

選ばれる理由

塗装の基礎知識

塗装業者の選び方

見積り、価格について

色(配色)選びについて

外壁・屋根塗装の工事期間と各作業内容

劣化症状について

塗料選びについて

   

外壁・屋根材について

保険と助成金について

会社概要

支店情報

ブログ

お客様の声満足度93.2%!
お客様の声

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話受付時間 9:30~19:00(木曜定休)

メールは365日24時間受付中です!

スタッフ