児玉塗装がまるわかり!!
スタッフブログ

  1. ホーム>
  2. 児玉塗装がまるわかり!!スタッフブログ>
  3. 第16回消費者アンケート「外壁・屋根の塗装を行うならどの季節がいい?」

外壁塗装の基礎知識やイベント情報等、最新情報をご紹介

名古屋市・四日市を中心に外壁・屋根・内壁の塗装工事を請け負う「児玉塗装」のスタッフブログです。外壁塗装に関する基礎知識やイベント情報、実際のお客様の外壁塗装の様子など、定期的に更新しています。外壁塗装をご検討中の方はぜひご覧ください。外壁塗装に関するお問い合わせもお待ちしております。

第16回消費者アンケート「外壁・屋根の塗装を行うならどの季節がいい?」 2015年12月9日

外壁や屋根の塗装でおすすめの季節とは?

マイホームを持つことは、人生の節目でもあり大きな憧れですよね。そのために、具体的な計画を進めている人もいるのではないでしょうか。日々の生活費を見直すなど、けっこう大変なことも少なくありませんが、やはり、念願のマイホームを入手できる喜びは大きいですよね。それと同時に、老朽化していく住宅の改修に備えることになります。

そのためには新たな資金の準備も必要になりますが、いつ行うかも考えることが大切ではないでしょうか。特に、外壁や屋根の塗装などには、四季や気温が関係するかもしれませんね。そこで、外回りのメンテナンスはどの季節がいいのかについて、全国の男女100人を対象にアンケートを取ってみました。

 

【質問】

外壁・屋根の塗装を行うならどの季節がいい?

 

【回答数】

春:38人

夏:11人

秋:40人

冬:11人

 

【有効回答数】

100サンプル

 

落ち着いた季節の「秋」がいいと答えた人が多数

アンケートの結果、外回りのメンテナンスの季節に「秋」を選んだ人が最も多いことが分かりました。

 

◆暑すぎず、寒すぎずの、涼しい秋くらいが丁度良いと思うので、秋にしたいです。(20代/女性/学生)

◆何となく、過ごしやすいので、秋がよいのではないかと思います。(50代/男性/会社員)

◆外に出ても辛くない温度で臭いが籠ったりもあまりしなさそうだから。(20代/女性/学生)

◆これから冬の準備とゆうこともあるが気候的に乾燥した季節がいいかと(30代/女性/パートアルバイト)

◆外壁・屋根は雨が降ると工事ができない。夏は暑くて職人さんの体調管理が大変そう。ということで、晴天が多く気候も穏やかで、工期が一番少なくて済みそうな秋を選びました。(40代/女性/契約派遣社員)

 

「秋」がいいと答えた人が40人いるようです。夏から冬に向けてのこの季節は、暑すぎず寒すぎず涼しいことや、何となく過ごしやすいと考える人が多くみられました。また、塗装工事にともない発生する臭いや、塗装後の乾きやすさを意識した回答もうかがえるようです。さらに、外回りの仕事は天候に左右されるため、効率よく仕事ができる季節のほうが有り難いですね。もちろん、職人さんが仕事をしやすいことも不可欠な条件だと言えますよね。こちらの回答を選んだ人からは、職人さんの体調面に配慮する意見が多いことも分かる結果となりました。

 

2位はわずかな差で「春」を選んだ人に

アンケートの結果、「秋」と僅差で「春」を選んだ人がいることが分かりました。また、「夏」と「冬」を選んだ人は同数となっています。

 

◆暑すぎず寒くないので、塗装も乾きやすいし雨や雪の心配もしなくてもいいので良い時期だと思うので。(30代/女性/専業主婦)

◆春は始まりの季節だと思うので様々なことに挑戦するにはうってつけだと思ったから。(20代/女性/学生)

◆春先の花粉シーズン中は洗濯物も干せないし窓も開けられないので、外で足場を組まれて洗濯物が干せなくなっても全く影響がないから。(30代/女性/専業主婦)

◆職人さんには暑くて大変ですが、乾きが良くて早く工事が終わりそうだから。(30代/女性/専業主婦)

◆窓を余り開けなくても良い時期の方がいいです。実際に行って貰った時に臭いがすごかったので。(40代/女性/専業主婦)

 

「春」と答えた人は38人いるようです。職人さんが作業しやすいことや、塗装が乾きやすいという意見がみられます。また、4月は進学・就職の時期でもあり、新しいことを始めるためには最適なのかもしれませんね。さらに、花粉の時期で洗濯物が干せないなど、個人的な事情が反映されているのもうかがえます。

 

「夏」と「冬」を選んだ人はそれぞれ11人ずつ。職人さんの体調に配慮しながら塗装が乾きやすい夏と答えた人や、塗装の体験から窓を開ける機会が少ないいい冬を勧める人もいることも分かりました。

 

天候や気温を考えたより効率のいい季節を選ぶべき

外回りの改修に適した時期として「秋」を勧める人が最も多くなりましたが、第二位の「春」とほぼ同数ということも分かりました。どちらの季節も、気温が高すぎず低すぎず過ごしやすいため、職人さんが仕事をしやすいという特徴がみられます。また、塗料が乾きやすいことや、雨や雪など天候の影響が少ないことは、仕事の効率面を意識すると避けることができませんね。

 

住宅の改修工事は、天候や気温に左右されることが多いだけに、思い通りに進まないこともあるかもしれませんね。特に、外壁や屋根の塗装を予定している人は、より効率のいい季節を選んだほうがいいのではないでしょうか。

 

■調査地域:全国

■調査対象:年齢不問・男女

■調査期間:2015年11月04日~2015年11月18日

■有効回答数:100サンプル

 

 

外壁塗装で失敗しないための基礎知識
  • 塗料選びと塗り替えのチェックポイント
  • 外壁塗装業者を選ぶ 6つのポイント
  • 料金・見積もりの秘密・保証の落とし穴
  • 気になる保険の内容と種類をご紹介