名古屋で外壁・屋根・内壁の塗装工事なら創業50年の児玉塗装

お気軽にお問合せください!

  • よこやま
    よこやま
  • はまだ
    はまだ
  • はまお
    はまお
  • こばやし
    こばやし
  • やました
    やました
  • つぼい
    つぼい

すぐにアドバイザーに繋がります

お電話

雨漏りの原因と修理方法

福島 渡

雨漏りは、経年劣化や自然災害、施工不良などが原因で、屋根、外壁、陸屋根やベランダの防水などから建物内部へ雨水が浸入します。

腐敗やカビの発生などの被害が出るので、早期の補修が必要です。

このページでは、雨漏りの原因、発生しやすい箇所、修理方法について紹介しています。

雨漏りの原因

雨漏りの主な原因は、経年劣化、地震や台風などの自然災害、新築時の施工不良、リフォーム後の施工不良の4つがあります。

1.経年劣化

雨風や紫外線に晒されることによって様々な部分が経年劣化し、雨漏りの原因になります。

経年劣化による雨漏りがおこりやすい部分は、外壁のクラック、シーリングの痩せや剥離、屋上やバルコニーなどの防水層の劣化、開口部のゆがみやズレなどがあげられます。

2.地震や台風などの自然災害

地震や台風によって建物が歪んだ場合や、飛来物による物理的損傷がある場合は、雨漏りの原因になる可能性があります。

3.新築時の施工不良

新築時の施工不良によって、防水ルーフィングの欠損がある場合や、デザインを重視して排水しずらい構造になっている場合は、雨漏りの原因になります。

4.リフォーム後の施工不良

太陽光パネルの設置工事で、屋根の一部が欠損した場合や、増改築で建物に歪みやズレが生じている場合は、雨漏りの原因になります。

雨漏りが発生しやすい箇所

雨漏りが発生しやすい箇所は、屋根、外壁、陸屋根やベランダの防水があがられます。

屋根の雨漏り

屋根の雨漏りで最も多い箇所は、天窓やトップライトです。屋根は、瓦やカラーベスト等の屋根材で一次防水を行い、アスファルトルーフィングという防水紙で二次防水を行っています。

天窓やトップライトが設置されている部分は、一次防水と二次防水に穴が空いている状態なので、境目部分の処理が不適切だった場合、雨水が浸入して雨漏りが発生します。

天窓やトップライトの次に雨漏りが多い箇所は、太陽光パネルや太陽光温水器等の設置個所です。

設置の際にビスで屋根に穴を空けて固定する必要があり、穴の深さは、二次防水のアスファルトルーフィングまで達します。天窓やトップライトの境目部分と同様に、穴の防水処理が適切でない場合は水が浸入して雨漏りが発生します。

外壁の雨漏り

外壁は、外壁材によって雨漏りが発生しやすい箇所が変わります。

■RC(コンクリート造)
RC(コンクリート造)は、振動に弱く非常に割れやすいので、縦横無尽にクラックが発生し、雨漏りの原因になります。

特に横方向に入るクラックは、外壁を伝って流れてくる雨水を受ける面積が大きいため、雨漏りが発生する危険性が高いです。

■ALC(軽量気泡コンクリート)
ALC(軽量気泡コンクリート)は、他の外壁材に比べて目地が多く、そこから雨漏りが発生することが多いです。

■サイディング
サイディングは、サッシの枠から雨漏りが発生することが多いです。サッシは、外壁の一次防水と二次防水の穴を空けて設置されているので、建築時に不適切な防水処理を行うと、雨水が浸入します。

陸屋根やベランダの防水からの雨漏り

陸屋根やベランダの防水は、紫外線による経年劣化や物損による亀裂によって雨漏りが発生することが多いです。

稀に雨樋が詰まって雨水が流れないことが原因で雨漏りが発生しますが、定期的な清掃を行えばほとんど起こりません。

雨漏りの修理方法

雨漏りの修理方法は、簡易的な応急処置と雨漏りの専門業者が根本から修理する方法があります。

応急処置の方法

屋根やベランダなど床面から雨漏りが発生している場合は、おおまかな部分をブルーシートで覆うことで緩和することができます。

雨漏り箇所が特定できている場合は、シーリングや防水テープで該当箇所を塞ぐことで修理することができます。

但し、あくまでも素人の応急処置なので、根本的な解決になっていない場合が多く、通気で必要な穴を塞いで被害が拡大する場合もあります。また、勾配のある屋根や、2階や3階などの高所作業は、危険が伴うため、プロの専門業者に依頼することをオススメします。

雨漏りの専門業者

雨漏りの調査方法には、状況や業者によってやり方が変わりますが、基本的には散水調査を行う事が多いです。

散水調査は、雨水の浸入口として可能性の高い箇所に水をあてて、雨漏りを再現させて雨水の浸入口を特定する方法です。他の調査方法と比べて、調査費用が安価な特徴があります。

浸入経路が特定できたら、修理や建材の交換を行います。極まれに状態が悪い場合は、大規模な改修が必要になる事があります。

知識や経験が豊富な雨漏り業者がオススメ!

雨漏りの修理は、雨漏り診断士等の資格をもっていて、知識や経験が豊富な雨漏りの専門業者に依頼することをオススメします。

まとめ

雨漏りは、建物の内部構造を腐らせてしまう原因になったり、カビの発生により人体に悪影響を及ぼしす可能性があるため、非常に危険な事象です。

雨漏りを防ぐ為には、建物や雨漏りの早期改修が重要です。放置して改善しませんので、早急な対応が必要です。

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

新着お問合せ状況

過去のお問い合わせ件数

今月
12
先月
123
激安プラン 大好評!無料 外壁塗装の勉強会

選ばれる理由

塗装の基礎知識

塗装業者の選び方

見積り、価格について

色(配色)選びについて

外壁・屋根塗装の工事期間と各作業内容

劣化症状について

塗料選びについて

   

外壁・屋根材について

保険と助成金について

会社概要

支店情報

ブログ

お客様の声満足度93.2%!
お客様の声

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話受付時間 9:30~19:00(木曜定休)

メールは365日24時間受付中です!

スタッフ