名古屋で外壁・屋根・内壁の塗装工事なら創業50年の児玉塗装

お気軽にお問合せください!

  • よこやま
    よこやま
  • はまだ
    はまだ
  • はまお
    はまお
  • こばやし
    こばやし
  • やました
    やました
  • つぼい
    つぼい

すぐにアドバイザーに繋がります

お電話

雨漏りのニ次被害のついて

福島 渡

雨漏りの被害は、一次被害と二次被害に分類されます。一次被害は、建物内部に雨水が浸入する事を指し、二次被害は、建物内部の腐敗やカビの発生などが起こり、建物に重大なダメージを与えるので、早急な修繕が必要です。

このページでは、一次被害と二次被害の症状、雨漏りが発生しているサインについて紹介しています。

雨漏りの被害は2つに分類される

雨漏りの被害は、被害状況によって、一次被害と二次被害に分けられます。

一次被害

雨漏りの一次被害は、建物内部に雨水が浸入する事を指し、主に外部の建材が劣化による破損や欠損が原因で発生します。

原因は、経年劣化によるヒビ割れや施工不良による雨仕舞に不具合、自然災害による建材の欠損などが考えられます。

二次被害

二次被害は、一次被害が原因で起こる建材の腐敗などを指します。一次被害に気付いた時点で二次被害が発生している場合が多く、建物内部の腐敗やカビの発生、ゴキブリや白アリなどの害虫の発生、漏水による漏電などが発生します。

また、建物の資産価値が低下や、倒壊につながるケースもあります。

雨染みやカビ臭は雨漏りが発生しているサイン

室内で雨染みやカビの臭いが発生している場合は、雨漏りが起こっている可能性が非常に高いです。

雨染みは、雨水が浸入することによって発生している証で、カビの臭いは、雨水によって内壁の断熱材にカビが生えてる可能性が非常に高いためです。

また、壁紙や塗装の剥がれや、内壁が柔らかくなっている場合も雨漏りが発生している可能性が高いので、注意が必要です。

二次被害が進行すると高額な修繕費が必要

二次被害が進行すると、建物に重大なダメージが発生するため、骨組みからの改修や状態によっては、建て直しに近い大規模な工事が必要になります。

大規模な工事は、費用も高額になるので、早期に補修することをオススメします。

まとめ

雨漏りは、一次被害が起こる前にメンテナンスを行うのが理想です。修繕費用が抑えられて、資産価値が低下や倒壊などを防ぐことができます。

お家は、皆さまの大切な資産でなので、長い目で見てしっかりと改修を行い万全の状況を維持していきましょう。

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

新着お問合せ状況

過去のお問い合わせ件数

今月
13
先月
123
激安プラン 大好評!無料 外壁塗装の勉強会

選ばれる理由

塗装の基礎知識

塗装業者の選び方

見積り、価格について

色(配色)選びについて

外壁・屋根塗装の工事期間と各作業内容

劣化症状について

塗料選びについて

   

外壁・屋根材について

保険と助成金について

会社概要

支店情報

ブログ

お客様の声満足度93.2%!
お客様の声

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話受付時間 9:30~19:00(木曜定休)

メールは365日24時間受付中です!

スタッフ