名古屋で外壁・屋根・内壁の塗装工事なら創業50年の児玉塗装

お気軽にお問合せください!

  • よこやまよこやま
  • はまおはまお
  • やましたやました
  • ふじよしふじよし

すぐにアドバイザーに繋がります

お電話

自分でできる台風の事前対策・準備

中村 大勝

こちらのページでは、台風の影響を少しでも軽減できるよう、台風前に備えるべきことをご紹介いたします。

毎年発生し、甚大な被害がでる台風に対して事前対策・準備をすることで、少しでも被害を軽減できるようにしてください。

台風の強さ 

雨の強さ

・10㎜/h以上~20㎜/h未満
「やや強い雨」に分類され、ザーザーと降っているイメージです。

・20㎜/h以上~30㎜/h未満
「強い雨」に分類され、どしゃ降りのイメージです。

・30㎜/h以上~50㎜/h未満
「激しい雨」に分類され、バケツをひっくり返したイメージです。

・50㎜/h以上~80㎜/h未満
「非常に激しい雨」に分類され、滝のように降るので、水しぶきであたり一面が白くなり視界が悪くなります。

・80㎜/h以上
「猛烈な雨」に分類され、息苦しいような圧迫感あり、恐怖感を感じます。

風の強さ

・10m/s以上~15m/s未満
「やや強い風」に分類され、時速は50km以下で一般道路の自動車並みのスピードです。

・15m/s以上~20m/s未満
「やや強い風」に分類され、時速は50km~70kmで高速道路の自動車並みのスピードです。

・20m/s以上~25m/s未満
「非常に強い風」に分類され、時速は70km~90kmで高速道路の自動車並みのスピードです。

・25m/s以上~30m/s未満
「非常に強い風」に分類され、時速は90km~110kmで高速道路の自動車や特急電車並みのスピードです。

・30m/s以上~35m/s未満
「猛烈な風」に分類され、時速は110km~125kmで特急電車並みのスピードです。

・35m/s以上~40m/s未満
「猛烈な風」に分類され、時速は125km~140kmで特急電車並みのスピードです。

・40m/s以上
「猛烈な風」に分類され、時速は125km~140kmで特急電車並みのスピードです。

事前にするべき家の中と外の対策

側溝や排水口の対策

雨水が排水される側溝や排水溝は、現状水がスムーズに流れているのか確認してください。石などの不純物がある場合は、排水の妨げとなるので清掃しておくと、もしもの時に効果的です。

特に降水量の高い台風の時に排水許容量が超える可能性が考えられますので要注意です。

風で飛ばされそうなものの対策

ベランダ・玄関に植木・花壇・物干竿がある場合は、強風で飛んでいく可能性があります。事前に屋内に片づけ、できない場合は飛ばない様に養生することが大切です。

特に風の強い台風の時に飛散の可能性が考えられますので要注意です。

外壁、屋根、塀、窓、ドア、雨戸などの補強する対策

雨戸・シャッターを使用し、ついていない窓に関しては強風によって窓ガラスが割れてしまう可能性がある為、飛散防止フィルム等を貼るなどが有効です。

またカーテン・ブラインドなどを降ろしておくことで上記と似た効果が期待できます。特に風の強い台風時に飛散物等で破損が考えられますので要注意です。

床上の浸水対策

事前に土のう・水のうを準備しておくと効果的です。土のうはホームセンター等で購入することが可能です。

水のうは家庭にあるごみ袋から作成出来ますので、もしもの時に有効となります。特に降水量の高い台風の場合、洪水等が考えられますので要注意です。

事前するべき車の対策

台風による浸水・土砂災害等の危険性から回避するために、高台・立体駐車場に予め移動しておくのが効果的です。立体駐車場は費用が掛かりますが、何かあったときの修理費と比較すると安価となります。

しかし予め車を移動していても、強風による飛散物から損傷を受ける可能性もございます。その為、車用カバー等を利用しておくとこれらの被害を軽減することが可能です。

また、上記の対策を行っていても飛散物による被害等の発生の可能性がある為、車両保険に加入しておくことが大切です。但し、災害状況や加入会社のプラン・内容によっては金額及び適応の可否が異なるので事前に内容を確認してください。

これだけあれば安心!非常時の持ち出し品リスト

・飲料水や食料(缶詰・カップ麺等)
・貴重品
・緊急用品(常備薬・消毒液・包帯など)
・ヘルメット、マスク、軍手など
・懐中電灯、携帯ラジオ、予備電池・携帯充電器等
・衣類、下着、毛布等
・洗面道具等の日用品

予め非常時持ち出しバックに準備、保管場所を定めて置きましょう。

事前に確認するべきこと避難場所の確認など

事前に車が台風の被害を受けない様に、事前にハザードマップを確認しておくと安心です。ハザードマップは過去に発生した災害履歴から、被害情報を予測し、地図に表示したものになります。

その為、災害の危険性が高い地域を把握でき、前もって車を移動しておく等の対策が出来ます。ハザードマップは国土交通省のハザードマップポータルサイトから確認出来ます。
https://disaportal.gsi.go.jp/

もしもの為に学校・公民館等の避難場所への避難経路を予め確認することが重要です。また、店舗があるエリアではその店舗が避難場所として、指定されている所もあります。

弊社がショールームを構えている。愛知県名古屋市中川区で言うと、

・中川コロナワールド:愛知県名古屋市中川区江松3丁目110
・キャナル・リゾート:愛知県名古屋市中川区玉川町4丁目1
・ケイズ中川運河店:愛知県名古屋市中川区外新町3丁目1
・マルハン中川店:愛知県名古屋市中川区江松5丁目816
・カーマホームセンター中川富田店:愛知県名古屋市中川区富田町大字榎津布部田462
・フィール 富田店:愛知県名古屋市中川区富田町大字榎津東乗江600
・スーパースポーツゼビオ 名古屋富田店:愛知県名古屋市中川区富田町大字榎津西乗江525−2
・GOLD玉越中川店:愛知県名古屋市中川区長須賀1丁目203

などがあります。これらの情報もお住まいの地域の避難先を調べると記載があると思います。

これは絶対にやらないで!接近中の行動

強風・大雨の可能性があるので、台風接近中はなるべく外出をしない様にすることが大切です。用水路・海岸の見回り等はしない様心掛けてください。増水していると道路等との境界線が分からなくなり、落水する可能性があります。

接近中に屋外の作業も強風に煽られてしまう為、事前に屋外の作業は済ませておくことが大切です。また、事前に避難勧告が発表されている場合は、前もって避難場所に避難しておくことが重要です。

気象庁が発表する警報の種類

特別警報

・大雨特別警報:数十年に一度の降雨量となる大雨が予想された場合
・暴風特別警報:数十年に一度の強度の台風及び同程度の温帯低気圧による暴風が予想された場合
・波浪特別警報:数十年に一度の強度の台風及び同程度の温帯低気圧による高波が予想された場合
・高潮特別警報:数十年に一度の強度の台風及び同程度の温帯低気圧による高潮が予想された場合

警報

・大雨警報:大雨による重大な土砂災害・浸水害が予想された場合
・洪水警報:河川の上流域での大雨によって下流の増水・氾濫により重大な洪水災害が予想された場合
・暴風警報:暴風により重大な災害が発生すると予想された場合
・波浪警報:高波による遭難・沿岸施設の被害などの重大な災害が予想された場合
・高潮警報:台風や低気圧等による異常な潮位上昇により重大な災害が予想された場合

注意報

・大雨注意報:大雨による土砂災害・浸水害が予想された場合
・洪水注意報:河川の上流域での大雨によって下流の増水・氾濫により洪水災害が予想された場合
・強風注意報:強風により災害が発生すると予想された場合
・波浪注意報:高波による遭難・沿岸施設の被害などの災害が予想された場合
・高潮注意報:台風や低気圧等による異常な潮位上昇により災害が予想された場合
・雷注意報:落雷・急な強い雨等の席雷雲の発達に伴い発生する気象現象による災害が予想された場合

「避難指示」「避難勧告」などは各自治体ごとに発令

・避難準備情報:警戒レベル3の場合(大雨警報・洪水警報・警戒(警報級)・氾濫警戒情報等)
・避難勧告:警戒レベル4の場合(土砂災害警戒警報・高潮警報・氾濫危険情報等)
・避難指示:警戒レベル4の場合に発令(緊急)
※警戒レベルは「避難勧告等に関するガイドライン」及び気象庁のページより確認が出来ます。
http://www.bousai.go.jp/oukyu/hinankankoku/h30_hinankankoku_guideline/index.html

まとめ

今回のコンテンツは、毎年発生する台風に対しての対策・準備についてご紹介させていただきました。毎年一度は甚大な災害を伴う台風ですが、今回ご紹介致しました事前準備で影響を軽減できる災害となります。

準備項目が多く、どこから手を付けたらいいのか分からない方は、まず避難経路等の確認から始めていただき、もしもの時の非常時持ち出しバッグ等を準備することをオススメします。

また、既に非常時持ち出しバックとのご準備している方も、非常時の飲食物は消費期限が過ぎている場合もありますので、定期的な確認が必要です。

その他の「雨漏り修理について」に関するコンテンツ

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

新着お問合せ状況

過去のお問い合わせ件数

今月
42
先月
77
激安プラン 大好評!無料 外壁塗装の勉強会

選ばれる理由

塗装の基礎知識

塗装業者の選び方

見積り、価格について

色(配色)選びについて

外壁・屋根塗装の工事期間と各作業内容

劣化症状について

塗料選びについて

   

外壁・屋根材について

保険と助成金について

会社概要

支店情報

ブログ

お客様の声満足度93.2%!
お客様の声

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話受付時間 9:30~19:00(木曜定休)

メールは365日24時間受付中です!

スタッフ