名古屋で外壁・屋根・内壁の塗装工事なら創業50年の児玉塗装

お気軽にお問合せください!

  • よこやま
    よこやま
  • はまお
    はまお
  • こばやし
    こばやし
  • ふじよし
    ふじよし
  • やました
    やました

すぐにアドバイザーに繋がります

お電話

塗装の工法の分類と仕上がりの違いについて

外壁・屋根の塗装は見た目に加え、建物の機能を保つ役割もあるので、「ただ塗ればよい」というものではありません。その用途や仕様によって工法も異なります。このページでは、工法の種類や特徴について解説します。

施工業者と打ち合わせる際の参考にしたり、実際の施工がどのように行われるのかをチェックしたりするためにも、ぜひ知っておきましょう。

工法の分類

外壁塗装の工法は大きく3つに分けられます。エアガンを使用する「吹き付け工法」、さまざまなサイズのローラーを使う「ローラー法」、そしてその両方を併用したり、特別な工程を利用したりする「特殊工法」です。

工法によって仕上がりの模様などが異なるので、工法を決める前に見本をしっかり確認するようにしてください。

吹き付け工法は新築時のみ

吹き付け工法は塗料をエアガンで飛ばし、砂壁状(リシン、じゅらく)や柚子肌、さざ波、凸凹などの模様をつけていくものです。それぞれ専用の塗料とエアガンを使用します。広範囲を一度に塗ることができ、バリエーションが豊富なのが魅力です。

しかし、仕上がりは非常にきれいですが、周囲への飛散が心配されることや塗料を大量に使うことから、現在では新築の場合にのみ採用されていることが多いようです。ムラもできやすいので、引き渡し時にはしっかりチェックし、問題があれば業者に指摘しましょう。

塗替えにはローラー工法

ローラー工法は外壁の塗り替え時に使われる方法です。ローラーは耐水性のある丈夫な紙や、合成樹脂の筒に動物の毛(羊など)や合成繊維を巻きつけたもので、粗くザラザラした面に向いている長毛タイプと、平らな面用の短毛タイプ、万能な中毛タイプがあります。

ローラーに塗料をつけて塗っていくのですが、吹き付け工法とは異なり、模様を作ることはできません。そのため新築時の模様をそのまま浮き出させるようにすることがほとんどです。最近では塗料を塗りながら自動供給してくれるローラーもあり、飛散も少ないことからリフォームに多用されています。

その他、特殊工法について

この他、輸入住宅やマンションのエントランスなど、より美観を意識した場所によく使われる特殊工法があります。吹き付けとローラーを併用したり、専用ローラーや刷毛、コテなどで細かな模様を作り出したりする方法です。

刷毛塗りは塗る場所や形状を選ばないので人気がありますが、シンプルなだけに職人の腕が問われるでしょう。それだけに、こだわりのある人は刷毛塗りをリクエストすることも多いようです。

「どうしてもここをこうしたい!」という塗装にかける想いを施工業者に伝えることは大切です。しかし、場所と工法が合致しないことも実際にはあります。そのため、事前に打ち合わせをしっかりと行い、できる限り理想に近い仕上がりになる工法を業者と探すようにしましょう。

また、すべての場所でどのような工法が使われるのかも、あらかじめチェックしておくことをおすすめします。

新着お問合せ状況

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

選ばれる理由

基礎知識

外壁・屋根塗装業者の選び方

外壁・屋根材

見積り、価格について

事前に知っておきたい塗装工事の工程

劣化症状について

塗料選びについて

保険と助成金について

会社概要

支店情報

ブログ

お客様の声満足度93.2%!
お客様の声

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話受付時間 9:30~19:00(木曜定休)

メールは365日24時間受付中です!

スタッフ