名古屋で外壁・屋根・内壁の塗装工事なら創業50年の児玉塗装

お気軽にお問合せください!

  • よこやま
    よこやま
  • はまお
    はまお
  • こばやし
    こばやし
  • ふじよし
    ふじよし
  • やました
    やました

すぐにアドバイザーに繋がります

お電話

事前に知っておきたい塗装工事の工程

新築時は当然すべての建材が新品。どこを見てもピカピカで心も躍りますよね。しかし、どんな優れた建材でも時間が経つことで必ず劣化していきます。そのため、外壁や屋根を塗り替える際には、新築の場合より工程が増えるのが当然です。

それぞれの意味を知っておくと、「そんなに必要なのか?」と不信感を抱くことなく、作業の進行を見守ることができます。また、作業漏れなどを防ぐことにもつながるので、しっかり覚えておきましょう。

塗装を始める前の作業

絵を描く時にも、構図を決めて下書きから始めますよね。立体の建物を塗装する場合も同様に、適切な下準備をしなくてはなりません。そのため、まずは建物の外側に足場を組みます。

鋼管や丸太を使ったもので、高いところで作業を行う場合には欠かせません。全体をメッシュシートで覆うことで、近隣への塗料・汚れの飛散を防ぎます。

次に外壁や屋根を高圧洗浄します。ホコリやコケ・カビ、油膜など長い間付着した汚れをしっかり落とします。この工程が不十分だと塗膜剥離の原因になるので、必ずチェックしておきましょう。

その後、ひび割れ(クラック)や欠けなど、下地の傷みを処理します。適切な下地処理は塗装の仕上がりや耐久性を左右する大切なポイントです。

上記の行程を経ていよいよ塗装本番です。窓や扉などの開口部や鉄製など塗装を行わない部分をビニールで覆います(養生)。塗料の付着やはみ出しを防ぎ、きれいに仕上げるために不可欠なプロセスです。

塗装の手順

下塗り

下準備が整ったら、外壁塗装の場合は下塗りから始めます。中塗り・上塗り剤との密着度を高めるシーラー、下地を滑らかにする働きのあるフィラー、両方の利点を兼ね備えた微弾性フィラーといった下塗り剤を使用します。

この工程が不十分だったり、省かれたりすると塗料のはがれや塗りムラの原因になるので工事中にしっかり確認することをオススメします。

中塗り・上塗り

ここからは水性系・溶剤系の塗料を使います。中塗りは下塗りと上塗りの中間層となり、下地の平滑化や上塗り剤の補強が主な目的です。基本的には上塗りと同じ塗料を使用しますが、より丁寧に仕上げてもらいたい時は、色を少し変えるよう指示してもよいでしょう。

上塗りはムラを解消し、耐久性を高めるための塗装です。塗料は決まった希釈率で2回塗ることで初めてその効果が得られるとされているので、最低でも中塗り・上塗りは1回ずつ必要になります。

また、塗料によってもメンテナンスのコストは変わるので、よく検討してから選ぶようにしてください。

屋根の塗り替えとその他の塗装

屋根は直接紫外線や雨風が当たるので、塗膜だけでなく材質そのものが傷みやすい部分です。瓦の種類や下地の状態などに合った補修を行ったうえで「高圧洗浄→下地処理→塗装」を行います。

また、併せて付属部の塗装や日頃あまりチェックできない雨どいのメンテナンスなども済ませてしまうとよいでしょう。

これらの工程は基本中の基本であり、ひとつでも省くことで耐久性が下がってしまうことも。住まいの将来を考える意味でも、それぞれの作業を丁寧かつ的確に行ってくれる施工業者に任せたいですね。

「事前に知っておきたい塗装工事の工程」に関する記事一覧

新着お問合せ状況

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

選ばれる理由

基礎知識

外壁・屋根塗装業者の選び方

外壁・屋根材

見積り、価格について

事前に知っておきたい塗装工事の工程

劣化症状について

塗料選びについて

保険と助成金について

会社概要

支店情報

ブログ

お客様の声満足度93.2%!
お客様の声

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話受付時間 9:30~19:00(木曜定休)

メールは365日24時間受付中です!

スタッフ