児玉塗装がまるわかり!!
本社 スタッフブログ

  1. ホーム>
  2. 本社 スタッフブログ>
  3. 第32回「塗料のツヤありとツヤなしは何が違う?」

本社 スタッフブログの最新情報をご紹介

第32回「塗料のツヤありとツヤなしは何が違う?」 2015年12月9日

ツヤがある塗料とそうではない塗料の違いについて

住宅地を歩いていると、眩いばかりの光沢で目を引く家を見かけることはありませんか? そうしたお家は外壁に“ツヤのある塗料”を塗っているケースがほとんどです。ツヤツヤピカピカとしているため見た目がきれいで、新しく外壁を塗り替えたという実感を得られるのが特徴といえます。ただ、人によって好みはさまざまであり、ツヤのない塗料を選ぶ方も多くいるそうです。当コラムでは、塗料のツヤありとツヤなしの違いについてご説明します。

 

◆外壁塗装に使用される塗料のツヤのタイプは5種類

タイプによって見え方が異なる塗料のツヤですが、タイプは「ツヤ消し」「3分ツヤ」「5分ツヤ」「7分ツヤ」「ツヤあり」の5種類に分類されます。「ツヤ消し」から順に光沢度が上がっていき、一番ツヤのある状態が「ツヤあり」になります。

 

ツヤ消し

ツヤがない状態。新築時の外壁のほとんどはツヤ消しでマット仕上げとも呼ばれている

3分ツヤ

ツヤ消しに少しツヤがついた状態。少しピカピカ感を出したい場合はおすすめ

5分ツヤ

半ツヤとも呼ばれている。中間点の度合いのツヤ

7分ツヤ

ツヤがあるだけでなく、汚れにくく耐久性もあるため人気

ツヤあり

光沢度が70以上ある状態。かなり光ってツヤツヤしている印象に

 

◆ツヤがある場合とない場合のメリット・デメリット

ツヤのある・なしは好みによって選ばれる傾向にありますが、見た目はもちろん機能面での違いもあります。ツヤのある・なしによる違いをメリット・デメリットに分けて整理してみましょう。

 

 

メリット

デメリット

ツヤがある場合

・耐久性・耐候性に優れている

・汚れがつきにくい

・ツヤツヤとした光沢感がある

・塗り直すと新築のようピカピカの見た目になる

・経年劣化でツヤがなくなってしまう

・ツヤがありすぎると印象が悪い

・目立ったり、主張が強すぎたりするときがある

ツヤがない場合

・経年劣化しても元から艶がないので美観があまり変わらない

・上品、落ち着いた仕上がり

・和風の落ち着いた家に合う

・塗り直してもあまり変化がなく自然な仕上がり

・耐候性が弱く、汚れがつきやすく落ちにくい

・艶有りと比べると劣化が早い

・仕上がりが地味になる

 

ツヤのある・なしでメリット・デメリットはさまざまですが、ツヤありの方が「目立つ」「耐久性がある」「汚れがつきにくい」の3点が明確な違いでしょう。見た目だけでなく機能面も含めて「5分ツヤ」「7分ツヤ」の塗料を選択する人が多いそうです。

 

PICK UP! ツヤの寿命は約3年

また、ツヤありの塗料を選んだからといってずっとツヤが継続するわけではない点も注意しましょう。ツヤの寿命は約3年と言われており、寿命を過ぎるとツヤのない塗料を使用した場合と同じような状態になります。月日が経過するとツヤはなくなってしまうため、耐久性を求めるのなら、ツヤありの塗料を選ぶことをおすすめします。

 

 

ブログ一覧
外壁塗装で失敗しないための基礎知識
  • 塗料選びと塗り替えのチェックポイント
  • 外壁塗装業者を選ぶ 6つのポイント
  • 料金・見積もりの秘密・保証の落とし穴
  • 気になる保険の内容と種類をご紹介