名古屋で外壁・屋根・内壁の塗装工事なら創業50年の児玉塗装

お気軽にお問合せください!

  • よこやま
    よこやま
  • はまお
    はまお
  • こばやし
    こばやし
  • ふじよし
    ふじよし
  • やました
    やました

すぐにアドバイザーに繋がります

お電話

劣化症状について

外壁・屋根の劣化症状

塗装のタイミングは、10年に1度と言われていますが、それは一般的な考えてで、前回使用している塗料、住宅がある周囲の環境によっても変わってきます。そのため、劣化状況で判断することをオススメします。

色つや

塗り立てのころと比べ、外壁の色が薄くなり、“つや”がなくなってきている場合は、外部の劣化が始まっているといえるでしょう。早急に塗替えが必要なわけではありません。

白い粉

外壁に触れた時に白い粉がつく場合は要注意です。それは「チョーキング現象」と呼ばれ、防水性が失われてきていることを示しています。この症状も早急に塗替えが必要なわけではありません。

コケ・カビ・藻

ホコリや土が外壁の表面に付着したままにしていると、カビやコケが発生する原因となります。さらに水はけが悪い状態だと、建物自体へのダメージにもつながります。また、カビやコケがひどくなることで塗装だけでなく下地の劣化も懸念されるところです。

ひび割れ

外壁のひび割れ(クラック)は温度の変化や乾湿によって引き起こります。対処せずに放置しているとひびがさらに大きくなり、水も浸入し内部の腐敗を招く可能性があります。ヒビ割れの大きさによっては、早急に塗装が必要な場合もあります。

塗装のはがれ

木部は外壁や屋根よりも先に傷みが顕在化しやすい箇所です。塗装がはがれて下地が見えている場合は、雨水や空気との接触を招くので劣化が進みます。早めの塗り替えが必要です。

「劣化症状について」に関する記事一覧

新着お問合せ状況

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

選ばれる理由

塗装の基礎知識

塗装業者の選び方

見積り、価格について

色(配色)選びについて

外壁・屋根塗装の工事期間と各作業内容

劣化症状について

塗料選びについて

   

外壁・屋根材について

保険と助成金について

会社概要

支店情報

ブログ

お客様の声満足度93.2%!
お客様の声

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話受付時間 9:30~19:00(木曜定休)

メールは365日24時間受付中です!

スタッフ