名古屋で外壁・屋根・内壁の塗装工事なら創業50年の児玉塗装

お気軽にお問合せください!

  • よこやまよこやま
  • はまだはまだ
  • はまおはまお
  • やましたやました
  • ふじよしふじよし

すぐにアドバイザーに繋がります

お電話

あまり知られていない木材のメンテナンス方法

2020.01.15

こんにちは‼

 

(株)児玉塗装 営業部 主任 福島 です。

 

まだまだ寒いですね(´・ω・`)

 

芯から冷える寒さで、私気が滅入っております( ;∀;)

 

昼の寒暖差もあるので皆さま体調にはくれぐれも気を付けて下さいね‼

 

さて今回は木材のメンテナンス方法について説明させて頂きます。

 

皆様ご存じかとは思いますが、

 

木材はすごく厄介‼

 

サイディングに比べてメンテナンスに費用がかかりますし、

 

傷みが早い分メンテナンス周期も短い。

 

放置していたらいつの間にか木材が欠損していたり、割れていたり…

 

とにかく維持するのが大変なんです。

 

建てた当初はすごく綺麗でかっこいいので、

私の個人的な意見で言えば好きなのですが・・・

プロから言わせて頂くと、これから新築を建てられる方にはお勧めは致しません。

 

全体木材の建物を建てるなら相当の覚悟が必要なんです‼

 

もうすでに建ててしまった方はメンテナンスをすごく細かく行ってください‼

 

そこでメンテナンスに関してですが、助言をさせて下さい。

 

木材の塗装方法について、基本的に三種類に分ける事が出来ます。

 

まず一つ目

 

木目,質感をまるまる変えてしまう一般塗料塗りつぶしという方法。

 

せっかくの質感をまるまる変えてしまう為、こだわった家を建てたお施主様には正直お勧めできません。

 

二つ目に浸透性塗料の塗装(キシラデコール等)

 

外壁等外にある木材にこの塗料を塗るのは正直お勧め致しません。(特に傷みが激しい場合)

 

木目は生かせます、質感も生かせます。

 

ただ耐久性が全くありません。

 

それこそ色を変えるだけの塗料と思っていただいても過言ではありません。

 

室内はいいですけど、外部はやめたほうがいいです。

 

そして最後、三つ目の方法は増膜性塗料の塗装(ガードラックアクア等)

 

その名の通り、木材に塗料の膜を作ってあげる塗料です。

 

木目生かせます、質感も生かせます。

 

耐久性も浸透性塗料に比べたら全然高いです。(立地によって変わりますが大体6年くらい)

 

こちらが一番お勧めです。

 

ただ注意していただきたいのが増膜性塗料でも傷み過ぎている木材には使用が出来ません。

 

ですので折角こだわった木材の建物を長持ちさせて、質感も木目も残したいなら早めの塗装工事が必須になりますので気を付けて下さいね。

 

そんな事プロじゃないからわからないよ‼という方は必ず提案してきた営業マンにどんな塗料を使用するか聞いてください‼

 

塗装のプロなら即答できるはずです‼

 

そこでしっかりとした塗装屋か見極めるのもアリかもしれないですね。

 

ちょっと長くなってしまいましたので今回はこの辺で失礼致します。

 

皆様とお話しできる事を楽しみにしております。

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

新着お問合せ状況

過去のお問い合わせ件数

今月
70
先月
162
激安プラン 大好評!無料 外壁塗装の勉強会

選ばれる理由

塗装の基礎知識

塗装業者の選び方

見積り、価格について

色(配色)選びについて

外壁・屋根塗装の工事期間と各作業内容

劣化症状について

塗料選びについて

   

外壁・屋根材について

保険と助成金について

会社概要

支店情報

ブログ

お客様の声満足度93.2%!
お客様の声

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話受付時間 9:30~19:00(木曜定休)

メールは365日24時間受付中です!

スタッフ