代表ストーリー

  1. ホーム>
  2. 代表ストーリー

代表取締役・児玉圭司のストーリー

名古屋市を中心に外壁・屋根・内壁の塗装工事を請け負う「児玉塗装」の代表・児玉の挨拶を掲載しています。下請け時代の経験から、代表としての仕事にかける想いなどを物語調でご紹介します。東海エリアで塗装の依頼を検討されている方や、児玉塗装のことをもっと知りたいお考えの方はぜひご覧になってください。代表・児玉の心意気を少しでも知っていただければ幸いです。

代表・児玉の挨拶

「お客様の満足を何よりも大切にし、常に”おもてなしの精神”で地域の方々に喜んでもらえる塗装をご提供します」代表取締役 児玉圭司

児玉塗装のホームページをご覧になっていただき、誠にありがとうございます。代表取締役の児玉圭司です。僭越ながらこちらのページでは、児玉塗装という会社と代表である私自身のことについてお話させていただきます。私のこれまでの人生や塗装業にかける想いについても熱く語らせていただきますので、最後までお付き合いください。

16歳の若さで塗装業界入り、そして20歳で独立の道へ

私が塗装業界に入ったのは16歳のときでした。周囲から見ればただただ生意気な若造だったかとは思いますが、じいちゃんや親父など先代がずっと活躍していた業界だったので、私自身も「一花咲かせてやろう」と意気込んでいたのを覚えています。そして、「塗装では誰にも負けたくない」という気持ちで修行に明け暮れる日々。懸命に仕事に取り組み、他社で経験を積みつつ、20歳になるころには念願の独立を果たしました。

独立するも苦難の連続だった下請け時代

20歳の若さで独立を果たし、傍から見れば順風満帆にも思えたかもしれません。しかし、現実は厳しく、正直に言って苦難の連続でした。下請け会社として同志とも言える当時の従業員たちと昼夜問わず働き詰めの毎日。日々、気心の知れた仲間たちと奮闘していた時代は今ではいい思い出ですが、色々と悩みも絶えませんでした。

それは下請け会社だと自分の納得のいく仕事ができないということです。「もっと塗装にこだわりたいし、いい塗料を使いたい。そしてお客様と直接コミュニケーションを取りたい」と四六時中ずっと考えていました。「お客様のためにもっとできることがあるはず」と心の底から思っても、実現できない現実に歯がゆさを感じたものでした。

22歳で児玉塗装に戻り、そして三代目の代表に

下請け時代の経験を経て、じいちゃん、親父と代々続く児玉塗装に戻ったのが22歳のときでした。そして、かねてからの想いを実現し、自社施工直営店としてのスタートを切りました。現在では児玉塗装の三代目代表に就任し、塗装道に励む日々。

児玉塗装では、塗装の専門店としてお客様の満足を何よりも大切にしており、"おもてなしの精神"で常にお客様に向き合っています。名古屋を中心に愛知・岐阜・三重の東海三県の地域に住む方々に喜んでいただける塗装を行うことを常に心がけて仕事に取り組んでいます。

東海エリアに住むお客様に対する想い

家は今後も何年、何十年とお客様が過ごすことになる場所なだけに、快適な生活を送れる環境を整えてあげることが大切です。そして、質のよい塗装をご提供してお住まいの美観や機能性を向上させることは、お客様の生活の質を上げることにもつながります。

私たち、児玉塗装はこれからも質の高い施工にこだわり続けます。外壁・屋根・内壁の塗装をご検討中の方はぜひ当社にご依頼ください。東海エリアにお住まいの方の生活がもっと豊かで、幸せなものになるように、理想の住まいの実現をお手伝いします。

 
会社情報
  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • 求人情報
  • 協力会社募集